洗濯洗剤を残さないすすぎができるドラム式洗濯乾燥機 TW-127V7

洗剤の界面活性剤は洗っても残ることが知られています。

ただどのくらい残るのかは洗濯洗剤の種類などで状況次第です。

でも界面活性剤を分解し、また柔軟剤も分解することで、繊維の奥深くまでいかせることができる洗濯乾燥機がTW-127V7。

超微細な泡をを発生させることで上記のことが可能なようです。

洗濯時やすすぎにも同じような泡を発生させ、洗濯の仕上がりに違いが出ます。

衣類をより長くもたせたいと思われるなら、この洗濯乾燥機が選択肢に上がるのではないでしょうか?

発売は9月下旬。

TW-127V7.jpg

東芝